広島市乳がん検診実施施設 日本乳癌学会認定施設

広島マーククリニック 乳腺外科

広島市中区大手町2丁目1-4 広島本通マークビル3F(1Fカメラのサエダ)

広島市中区大手町2丁目1-4 広島本通マークビル3F(1Fカメラのサエダ)

院長あいさつ

現在、乳がんを取り巻く状況は好ましいものではありません。若年層の発症も増加しており「がん世代」だけでなく誰もがかかりうる病気となっています。又、最近は、手軽に情報が入手できるようになりましたが、中には、誤解を招くものも少なからずあります。必要以上に怖れることはありませんが、早期発見、早期治療が何より重要となります。当院では乳がんの生物学と科学的根拠に基づいた「標準医療」を行い、患者さんの治療成績向上を目指します。乳腺外科医として長く乳がんに取り組んできた経験を生かし、専門クリニックとしての機能を発揮できるよう努めてまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

業績(筆頭著者乳癌関連英語論文)はこちら
業績(筆頭著者乳癌関連英語論文)はこちら
<専門医・指導医>

日本乳癌学会・日本外科学会

<評議員>

日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会・乳癌学会・米国癌学会・米国癌治療学会

<所属学会>

日本乳癌学会・日本化学療法学会・日本外科学会・日本癌学会・日本癌治療学会
日本臨床腫瘍学会・日本消化器外科学会など

<略歴>
  • 広島大学原医研外科入局(現 腫瘍外科)
  • 広島市立安佐市民病院 外科勤務
  • 国立病院四国がんセンター 外科勤務
  • 米国留学 Tennessee州 Memphis, St.Jude Children's Research Hospital, 分子薬理学部門にて抗癌剤研究に従事
  • 広島大学大学院医学系研究科博士課程担当(腫瘍外科学特論演習)
  • 広島大学大学院医歯薬学総合研究科博士課程担当(癌分子標的治療学特別演習)
  • 米国留学 Texas州 Houston, M.D.アンダーソン癌センターにて乳癌の集学的治療・乳癌に対するチーム医療研究に従事
  • 広島市立広島市民病院 乳腺外科勤務
  • 平成20年3月11日 広島マーククリニック乳腺外科開設
金 隆史 写真
院長 金 隆史(きん りゅうじ)
1959.11.3 大分県中津市生
元広島大学助教授・医学博士
日本乳癌学会認定医・専門医
乳癌超音波検査認定医検診マンモグラフィー読影認定医(A判定)
基本理念

最新の診断・治療法を用いて乳がんの治療成績向上を目指し、信頼のおける質の高い医療を提供します。

  • 乳がん検診を推進し、早期発見を目標とします。
  • 乳がんの個々の特性と科学的根拠に基づき、患者さんが納得する有効な治療を行います。
  • 専門性の高いチーム医療を実施します。
  • がん拠点病院との緊密な連携で、乳がん治療ネットワークにおける役割を果たします。